時短勤務の派遣社員のいろいろ(webデザイナー編)

時短勤務の派遣社員のいろいろ(webデザイナー編)

短時間勤務という働き方

最近は、時短の派遣の求人も増えていますね。

時短社員として、直接雇用で働ける求人もどんどん増えている印象があります。

私はwebデザイナーとして働いていますが、IT系の短時間勤務の募集もすごく増えてきているように感じます。

webデザイナーが働くママに向いている話はこちら

私は2016年に結婚前から働いていた会社を退職してから、時短派遣から直接雇用で一年ほど働き訳あって退社。

今年の一月からは、新しい職場で時短勤務の派遣社員として働いています。

今回はそこで感じたよかったこと、後悔し今後に活かしていこうと思っていることをまとめました。

この記事を書くことで、改めて今後の自分の働き方を考えるきっかけにもなりました!

上の写真はちょうど1年前くらいです。

働き方に余裕ができたので、夕飯を一緒に作っている写真です!

こんなこと以前はやりたくても時間がとれずできませんでした💦

時短の派遣社員でも社会保険に加入できる!

私の所属している派遣会社は、ビースタイルという会社です。

こちらは週3から4日、短時間勤務の求人が豊富にあるので選びました。

スキルにもよりますがかなり時間給も高額です。

特にIT系は2年前よりさらに時給も上がっている印象があります。

こちらでは、以下の条件を満たせば社会保険に加入できます。

派遣法で決まっていますので、他の派遣会社も同じような条件だと思います。

社会保険

健康保険・厚生年金保険
ご契約の1週間の所定労働時間が20~30時間の方
以下、3つの要件を全て満たした場合は、ご契約初日からご加入いただきます。
(1)1週間の所定労働時間が20時間以上
(2)月額賃金88,000円以上
(3)1年以上の契約が見込まれる場合(※契約上「長期契約」で「契約更新有り」と明記されている場合は対象)

雇用保険

1週間の所定労働時間が20時間以上で、31日以上の就業が見込まれる場合
※加入要件を満たした就業条件でお仕事に就かれる場合、加入義務が発生します。
※皆様の加入と加入資格の有無を法令により派遣先にお知らせしています。
加入資格があり手続きが済んでいない場合は、派遣先が受入れをできない場合がありますので速やかに手続きをお願い致します。

雇用保険とは

雇用保険とは失業時に受け取れる失業保険の給付、企業に勤めている時に受けられる育児休業給付、介護休業給付、教育訓練給付などの被保険者の生活を守るためにある保険です。
雇用保険は主に国の厚生労働省が管理しています。それに伴って手続きや給付は各地の管轄のハローワークがおこなっていることになります。

雇用保険の種類

・基本手当
失業手当や失業保険と言われている保険
自己都合で企業を退職した場合、1年以上の労働期間で3ヶ月分の失業基本手当が受け取れ、10年以上で4ヶ月分、20年以上で5ヶ月分と決まっています。

・育児休業給付
出産後の育児休業中に受け取れる保険

・介護休業給付
介護を必要としている人が家族にいて介護休業を取得した時に受け取れる保険

・教育訓練給付
従業員が資格や教育の訓練を受けられるための保険

・高年齢雇用継続基本給付
65歳以上の高齢者が労働し続けられるように援助をしてくれる保険

(福利厚生のRELO総務人事タイムズより)

私の所属している派遣会社でも、一定の条件を満たしている場合育児や介護休業が取得できます。
(入社して一年以上たっている。週に2日以上働いている。など)

子供や家庭がある場合、予定があるないに関わらず上記のような手当や給付金が取得できるというだけで心強いですよね。

世の中何があるかわかりませんので、私の場合時短の派遣社員でも基準をみたしていたので加入できると知ってすごく安心しました。

もし心変わりして転職する!となった時も失業保険や手当があるのはすごくありがたいです!

私は現在週4日、1日5.5時間の長期契約で就業しています。

実際は自宅で作業したり、週5勤務している週もありますので上記よりやや多く就業しています。

それでも以前より1日の就業時間が減ったこと(以前は7時間勤務)や、派遣先が以前より自宅から近くなったこと、そして何より役職がなく、管理者から作業者となった為、自分や子供の予定の調整がすごく楽になりました。

子供が熱を出したり、学校の行事があれば自宅で作業ができるようになりました。

これが一番助かっています。

週4勤務ですので子供の習い事や家庭学習にも時間を使えるようになりました

ちょうど上の子が小学校に入学したり、下の子が新しい習い事を始めた頃なのでそちらに時間をとることができて本当によかったと思います。

特に幼稚園、保育園の頃より小学校低学年の時期は親が学習面でも子供をサポートする必要があります。

はじめの学校生活でつまずくと後までひきずることもあるかもしれません。

そこが以前よりしっかり時間をつくりサポートできているので、働き方をセーブしてよかったと思っています。

派遣の良いところ、気をつけているところ

派遣社員で働くのが今回がはじめてなので、今の派遣会社しか知りません。

1社のみの感想となりますが、派遣社員として働いてみて良かったところ、困ったことを経験し、今現在気をつけていることがあります。

よかったこと
・自分の予定を調整してもらえやすい
・困ったら派遣先に相談できる
・そもそも働く条件を細かく設定できる
・社会保険がある
・健康診断も保険内で受けられる

気をつけているところ
・すぐに直接雇用にはならない(なるべく子供が小学校低学年のうちは派遣で続ける)
・派遣会社のサポートがあまりない(ほぼ放置)

前半で述べたように、雇用条件を満たしている場合は社会保険がありますし、健康診断もしっかり受けられます。

私は35歳以上なので、いろいろ身体が気になる年頃。

健康診断がしっかり受けられるのは大変ありがたいです。

来月受ける予定ですが、子宮頸がんと乳がん検診も追加しました。

それでも1500円程度で済みます。

また派遣先には、派遣社員をまとめてくださる社員の方がいることが多いと思います。

その方がこちらの予定などを調整してくださるので、子育て中の身としてはありがたい限りです。

気をつけているところはそれほどありませんが、すぐに直接雇用にならないは前回失敗したので心に決めています。

前回半年の派遣先での就業を終えて直接雇用となり働いていました。

しかしそこの会社が少々だらしないところがあり、直接雇用となった途端給与明細が遅れたり保育園で必要な在職証明書などの書類をなかなか作成してくれなかったりと問題がけっこうありました。

そこが見抜けなかった自分自身が悪かったのですが、転職と違い派遣先をそこまで詳しく調べていなかったのでどういう会社なのか深く理解する前に社員となってしまい、いろいろしなくて良い苦労をしました、、、

健康診断もここはフルタイム勤務の方しかお知らせがなかったな、、、

小さい子供を子育て中は、仕事の内容や会社よりも職場の場所や勤務時間、時間給の方が重要な場合がありますよね。

私が今まさにそれです。

子育てに合わせた働き方をしなければならない今は、しばらく派遣社員で続けていこうと思っています。

そして下の子が小学校生活に慣れた頃、自分の本当に働きたい仕事内容や職場を選んで働ければなぁと思っています。

そううまくいければ最高ですけど、、、

今はまだ私が子供に合わせたいと思っているので、働く条件がいろいろ細かくあります。

そういう時は時短勤務の派遣社員はおすすめです!

今まで管理側にいて実務から手が離れていたので、実務スキルを取り戻すこともできそういった面でもよかったなと思っています!

また、これは派遣会社によりますが、ここの派遣会社はほぼ放置です。

自分から何か聞かない限り本当に放置、、、

人手不足な感じがしています。

私が以前働いていた会社でも、派遣社員の方がたくさんいらっしゃいましたが、定期的に会いに来ていた記憶があります。

そういったことはここはほぼないといっていいです。

ただ、各種申請など手続きが管理画面(web)からしっかりできるので助かります。


(管理画面はこんな感じ)

私は何かあればぐいぐい聞ける図太いタイプなので、放置されていますが今まで困ったことは特にありません。
それよりちゃんと決まった日に入金がある。

webから給与明細がちゃんと見れる。

申請した書類がすぐに届く。

それらがしっかりしているので満足しています。

この先今思っていることと違う選択をするかもしれませんが、その時はその都度柔軟に働き方をかえていければなぁと思います!!

さっそく長男が最近空手をはじめたいと言いだしているので、今年度までは体操クラブをやりとげさせるもののまた来年度は習い事の変動によって働く日も変えなければいけないかもしれません。

本当計画通り進まないのが子育てですね、、、

思えばすべての会社が6時間ほどの時短勤務を子供の年齢に限らず、それこそ子供の有無にかかわらず認めてくれる世の中になってほしいです。

6時間勤務が正社員でいつまでも認めてくれれば子育てや介護との両立が、長い目で続けられると思うんです。

今は3歳未満の子供のいる親のみに時短勤務が認められていますが早くこの年齢制限がとっぱらわれることを望みます、、、

時短勤務案件も充実!デザイナーの人材派遣はこちら!

 

仕事・ワーキングマザーカテゴリの最新記事