転職を複数回経験したワーママ(女性)におすすめの転職サイトと転職エージェントと派遣サイトを比較しました

転職を複数回経験したワーママ(女性)におすすめの転職サイトと転職エージェントと派遣サイトを比較しました

私が転職を複数回経験した経緯

現在私は、短時間勤務の派遣社員として働いています。

正社員から派遣社員になった大きな理由としては、夫が多忙の為子育てを両立していく上で私の働き方をセーブする必要があると感じたからです。

下の子ももうすぐ小学生になるので、そろそろフルタイムに復帰したいという思いが強くなりましたので、今回改めてこれまで複数回経験してきた転職を振り返りたいと思います。

初めて経験した派遣社員という働き方も、メリットデメリットをいくつか感じることがありましたが、正社員に復帰したいと思った時に気負わずチャレンジしたいと思えたので、働き方は変わっても仕事を続けていて良かったと思いました。

私の職業はWebデザイナーですが、IT系の職種の方に多くみられるように、これまで何度もさまざまな理由により転職を繰り返してきました。

わりとIT界隈で、転職は日常茶飯事という印象があります。

転職することでスキルアップしていき、年収を上げていく方も多いと思います。

特に、今の環境では希望するスキルを身につけることが出来ないだったり、BtoC向けのサービス開発をしてきたけどBtoBのサービス開発に挑戦してみたいだったり、自分のスキルアップのために転職する方が多いので転職にネガティブなイメージは特にもっていません。

デザイナーやエンジニアなどはジョブ型の働き方が大半ですので、会社自体への魅力と同じくらい自分自身のスキルアップに興味の強い方が多いと思います。

今まさに日本もメンバーシップ型からジョブ型へシフトしていく会社が増えていますので、今後転職もますます増えていくのではと思っています。

私自身、すべての転職で満足いくことができたかと言うとそうではなく、失敗したと感じる部分もたくさんありました。

しかし、その都度今の自分以上の理想とする自分になるためにどうすればよいか考え行動することで、少しずつですが年収も増やしていけました。

どうやって私が年収を増やしていくことができたかも少しお話ししながら、短時間勤務で子供もいる私が今後どうやってキャリアアップしていけばよいか、こちらで私自身今の気持ちを整理することができればいいなぁと思っています😊

転職サイトと転職エージェントサイトの違い

転職サイトと転職エージェントの違いなどは、他のサイトでもいろいろと紹介されていると思いますので、ここでは簡単にまとめたいと思います。

転職サイトは自分で転職先の会社を転職サイトなどから自分で探し、応募、面接などの日程を調整して進めていく方法です。リクナビネクストやエンジャパン、ビズリーチ、dodaなどが有名です。

転職エージェントは、自分の代わりにキャリアアドバイザーやコンサルタントが自分に合った会社を紹介してくれますし、応募に必要な書類や面接時のアドバイス、応募先とのやりとりなど全面的にフォローしてくれます。マイナビエージェントやリクルートエージェント、エンエージェント、パソナキャリアなどが有名です。

転職エージェントを利用する方も、一度有名な転職サイトにいくつか登録して、自分の気になる職種や企業の下調べをある程度しておくのをおすすめします。

前回転職した時との世の中とのズレもなくなり、今後自分がやりたい仕事の環境はどうなっているのかなど現状を再確認することができます😊

転職サイトのメリット・デメリット

転職サイトのメリットといえば、手軽さとスピード感です。

すぐに自分で始められ、希望の職種と企業が運良く決められればスピード感を持って転職を進めることができます。

しかし、ある程度のスキルやキャリア、転職をした経験のある方なら失敗も少ないかもしれませんが、若い方や職歴に不安のある方は引け目に感じて年収交渉などが、自分でできない場合があります。

また、転職エージェントだけが持っている案件などには大手の優良企業の求人なども多数ありますので、そんなお宝案件に出会えず転職を終えてしまう可能性もあります。

私も若い頃、転職サイトで転職先の企業をしっかり下調べせずに入社してしまい、後々わかったことが自分の思ったものと違うことで苦労したことがありました。

また、未経験だからと言われるがままの給与で了承してしまい後々後悔したこともあります。

上記2点は、転職サイトで若い方が転職活動をする際に、失敗経験としてよく登場しますので、心の隅に留めておいてもらえると失敗を回避しやすくなりますよ😊

転職エージェントのメリット・デメリット

転職エージェントのメリットといえば、キャリアアドバイザーが自分の代わりに応募先の会社とやりとりしてくれるところです。

自分では言いづらい年収や、福利厚生などの待遇面の交渉も代わりに引き受けてくれますし、転職エージェントだけが持っている優良企業の求人を紹介してくれる可能性があります。

その代わりまずは転職エージェントで面談する必要があり、手間に感じる方もいるかもしません。

しかし、大手の転職エージェントでは今はオンライン面談をおこなっているところも多いと思います!

私のおすすめな転職方法として、一度転職サイトで自分の希望の職種や企業をチェック!その後転職エージェントでその希望企業以上の求人がないか相談する流れが失敗を回避しやすい方法だと思います。

転職エージェントだけだと、担当のキャリアアドバイザーの裁量によって言われるがままに転職を進めてしまう恐れがありますので、一度転職サイトに登録して現状を確認するというのはやっておくと安心できますよ!

そしてエージェントの方には遠慮せず、妥協せず自分の希望をしっかり伝えることが大切です。

おすすめの転職サイト

先ほど名前を挙げた大手の転職サイトは、2つ以上登録しておくのがおすすめです。

大手の転職サイトはもっている求人数も多いので、2つ登録しておけばバランスよく求人をチェックすることができます。

リクナビネクスト

リクナビNEXT:https://next.rikunabi.com
おすすめ度:★★★★☆

転職サイトとして知名度も抜群な「リクナビNEXT」は、転職活動をするなら登録しておくのをおすすめします!

サイト内で登録できる職務履歴書なども使いやすい作りになっていますし、スカウト機能を使えば忙しい方でも効率よく自分に興味をもっている企業とやりとりすることができます!

ちなみに今週の新着・更新求人件数は2400件以上でした!!

求人件数が多いので、希望の雇用条件を絞り込んでより自分の希望に近い企業に出会えそうですね!

そして大事なのが「オファーを待つ」機能です。

クナビNEXTは、2万社以上のオファー利用企業や400社以上の転職エージェントから、掲載求人のみならず非公開求人の紹介オファーも受け取ることができますので、こちらもうまく活用すると優良企業に出会えるかもしれませんね😊

リクナビNEXTへの登録はこちら

doda

doda:https://doda.jp/
おすすめ度:★★★★☆

doda(デューダ)はパーソナルキャリア(旧インテリジェンス)が運営している転職サイトだけあって、求人件数も多く、dodaに登録することで転職サイトと転職エージェントの2つの機能を使うことができるので、是非登録しておいてほしいサイトのひとつです。

まず転職サイトで自分で気になる企業をチェックしつつ、スカウト機能を使ってオファーをもらいながら、エージェントサービスを使って非公開求人を紹介してもらいましょう。

効率的に転職を進めていきたい方にぴったりだと思います😊

dodaへの登録はこちら

ビズリーチ

ビズリーチ:https://www.bizreach.jp/
おすすめ度:★★★☆☆

CMでおなじみビズリーチ。

ある程度の職歴やスキルのある方で、年収アップを狙いたいならビズリーチに是非登録してみてください✨

ハイクラス向けの転職サイトですので、即戦力を求める優良企業からの求人を多く取り揃えています。

年収も500万以上の求人が多く、一千万前後も珍しくありません。

グループリーダーだったり部門長だったりと、リーダー的な職種の求人も豊富です。

だいたい年収500万円あたりから求人件数が多くなっていく印象がありました。

職務履歴書にこれまでの仕事の成果や、経験した役職など詳しく記述し、ログインをこまめに行うことで職務経歴書一覧画面の上位に常に自分がいるようにしておくと、ポジティブに活動していることが企業側からも分かるので、より良いスカウトを受け取れる可能性が高まりますよ✨

ビズリーチへの登録はこちら

エン転職

エン転職:https://employment.en-japan.com/
おすすめ度:★★★☆☆

エンジャパンも転職サイトとしては老舗になります。

私も独身の頃、転職する際には大変お世話になりました。

エン転職の気に入っている所として、募集求人ページ以外のコンテンツの充実さです。

コラムや転職を終えた方の体験記、職務履歴書の効果的な書き方など参考になるコンテンツが豊富にありますので、転職をふんわり考えている段階からサイトをチェックしておくと、実際の転職活動の際に役立つと思います。

エン転職は、未経験や若手の方向けの求人が多く揃っていますので、若い方は転職活動をされる際登録しておくと、自分にフィットした求人をたくさん確認することができると思います!

エン転職への登録はこちら

おすすめの転職エージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント:https://next.rikunabi.com
おすすめ度:★★★★★

リクルートエージェントには、非公開の優良企業の求人が多く取り揃っていると思います。

実際、私も一度こちらの転職エージェントを利用して、その時点で多少スキル不足かもしれないと不安に思っていた企業に、ポテンシャル採用として転職することができました。

アドバイザーの方もとても親切で、年収交渉では自分の希望以上の年収まで引き上げてくれました。

正直、エージェントを利用しなければそもそもこの企業に応募する勇気も持てませんでしたし、ましてや年収交渉なんてしようとすら思わなかったので本当にあの時はすごく感謝しました。

転職エージェントを利用することで、年収が当初より上がった経験が何度かあります。

妥協せず転職活動をしっかりやり遂げたい方は、リクルートエージェントに是非登録してみてください😊

リクルートエージェントへの登録はこちら

パソナキャリア

パソナキャリア:https://www.pasonacareer.jp/
おすすめ度:★★★★★

パソナキャリアも非公開求人を多く取り扱っているので、忙しくて自分で転職サイトで調べる時間のない方は、パソナキャリアに登録しておくだけで、どんどん自分に合った求人を紹介してくれます。

効率よく希望の求人を探したい方にぴったりだと思います。

特にスキルや職務経歴がある程度ある方は、ハイクラスな求人をどんどん紹介してもらえますよ😊

多忙で転職サイトに登録して探す時間のない方におすすめです!

パソナキャリアへの登録はこちら

マイナビエージェント

マイナビエージェント:https://mynavi-agent.jp/
おすすめ度:★★★★☆

若手や未経験の方向けのポテンシャル採用案件も、マイナビエージェントは多く取り揃えてあります。

ベンチャー系の求人が多い印象を私は持ちました。

サポート体制も万全なので、面接時のアドバイスや、自分の希望に沿った交渉など徹底したフォローをしてくれるのが安心ですね。

転職に慣れていない方で、じっくり自分の希望に沿った転職活動を進めていきたい方にぴったりだと思います。

マイナビエージェントへの登録はこちら

エンエージェント

エンエージェント:https://enagent.com/career-partners/
おすすめ度:★★★★☆

非公開求人を豊富に取り扱っていますので、希望や適正に沿った求人を紹介してくれる可能性が高いと思います。

ミドル転職エージェントでは、年収一千万以上の求人も取り扱われていますので、転職される方のスキルや職歴に合わせた求人を紹介してもらえるので安心して相談できますね。

エンエージェントへの登録はこちら

女性におすすめの転職サイト

ジェンダー問題がまだまだある日本において、女性がやりがいをもって働き続けるには、女性が働く環境がしっかり整っている会社で働くほうが確実にストレスなく過ごすことができます。

特に子育てや介護などフルタイムで働くことが難しい時期きたときに、周りの理解はなによりの支えになります!

女の転職type

女の転職type:https://woman-type.jp/
おすすめ度:★★★★★

女性の転職といえば女の転職typeが頭にすぐ浮かぶ方も多いのではと思うくらい有名な、女性に特化した転職サイトだと思います。

私も20代の頃こちらを使って転職したことがあります。

女性が応募してきても、バイアスがかからず転職できるので安心して転職活動が出来る所が気に入っていました。

こだわり条件では、時短制度や産育休活用ありなど、女性ならではのライフイベントに関わる条件で絞り込んで会社を選ぶことができるのも自分とぴったりの会社を検索する時に役立ちます。

会社の詳細ページでは、取材レポートで女性が働きやすい環境を作るために、どのような取り組みをおこなっているなども詳しく紹介されていたり、実際に働いている社員の方のクチコミなども掲載されています!

女の転職typeへの登録はこちら

マイナビエージェント

マイナビエージェント:https://mynavi-agent.jp/womanwill/
おすすめ度:★★★☆☆

マイナビエージェントでは、女性の転職市場に精通したキャリアアドバイザーと、企業への営業担当として各企業と太いパイプを持つリクルーティングアドバイザーがチームとなり、希望にぴったりの転職先のご紹介や応募書類の作成、面接対策や給与交渉など、転職活動の全てにわたってサポートを行う無料のサービスです。

ワークライクバランスを重視したい、女性が活躍できる職場で働きたい、派遣社員から正社員を目指したい、スキルアップを図たいなど、女性ならではの悩みも踏まえながらプロが万全のサポートで対応してくれます!

マイナビエージェントへの登録はこちら

スマートキャリア

スマートキャリア:https://smartcareer.b-stylejob.jp/
おすすめ度:★★★☆☆

スマートキャリでは、派遣から正社員(時短正社員もあり)まで幅広い働き方の求人が掲載されています。

時短勤務での派遣、時短正社員、フルタイムでも残業なしなど、働く時間に制約のある方に特化した転職サイトです。

スマートキャリアは、フルタイムでも残業がなくリモート対応している求人だったり、30代前半から40代後半あたりの子育て世代に理解のある求人が多いので、育児と仕事を両立したい方におすすめです。

スキルがあり即戦力を重要視している求人がほとんどなので、時間に制約がありながらも、給与面などの条件の良いものが多くあります。

職種としては、企画・マーケティング・WEBディレクター、経理・人事・労務、ITエンジニア・社内SE・WEBデザイナーなどデスクワーク系の求人がメインです。

スマートキャリアへの登録はこちら

おすすめの派遣サイト

家庭の事情などにより、働き方をセーブしなければいけない方などは派遣で働く方法もありますね。

今は時間や日数を調整できる求人も多く出てきていますので、自分のライフスタイルに合わせた働き方がしたい方は派遣で仕事を探すのも良いと思います。

私自身子育てのため働き方はセーブしていますが、常に自分のスキルが停滞しないように今より難しい仕事内容のある求人でも積極的に応募してきました。

派遣の良い所は、自分のライフスタイルに合わせた勤務調整ができるだけでなく、大手企業での仕事にチャレンジしやすいところだと思います。

今まで挑戦できなかった大規模なプロジェクトや、大きな開発にも携われるチャンスがありますので、その経験を活かして、次の転職時に年収を上げることも夢ではありません。

フルタイムで働くことが難しくても、派遣ならブランクを作らず細く長く働き続けることができます。

いざフルタイムに復帰出来るようになった時に、復帰しやすい環境を自分で整えておくことも重要ですね😊

リクナビ派遣

リクナビ派遣:https://haken.rikunabi.com/K/
おすすめ度:★★★★☆

リクナビ派遣は保有する求人数も職種も豊富です。

高時給や短時間勤務など、さまざまな働き方に対応している求人が私が探していた時よりたくさんありました。

ブランクがあったりしていきなり正社員で働くのが不安と感じる方は、一度こちらをチェックしてみるのもよいかもしれませんね♪

リクナビ派遣への登録はこちら

マイナビスタッフ

マイナビスタッフ:https://staff.mynavi.jp/
おすすめ度:★★★★☆

私はリクナビ派遣より、マイナビスタッフをよくチェックしていました。

マイナビスタッフは、事務職やクリエイティブ職などのデスクワーク系の求人を多く扱っています。

マイナビスタッフも未経験やブランク有でも募集している求人がありますので、事務職やクリエイティブ系で以前働いたことがあるけどブランクが、、、などの不安を感じている方は是非登録してみてください✨

マイナビスタッフへの登録はこちら

しゅふJOBスタッフィング

しゅふJOBスタッフィング:https://www.b-stylejob.jp/
おすすめ度:★★★☆☆

主婦に特化した派遣サイトなので、時間や勤務日数などの調整がしやすいところがこちらの強みです。

派遣先の会社にも同じ子育て世代の方がいらっしゃる場合が多いので、働き方に理解があるのがうれしいですね😊

他の派遣サイトと比べて、経験や即戦力を高時給で募集している求人が多くあります。

しゅふJOBスタッフィングへの登録はこちら

私もこちらで派遣されて働いたことがりますので、その時の記事をご紹介します!

参考になれば幸いです✨

 

時短勤務の派遣社員をしておすすめできる派遣サイト(webデザイナー編)

年齢別おすすめ転職サイト・転職エージェント

20代におすすめ

マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20’sは20代・第二新卒・既卒向け転職エージェントです。

マイナビジョブ20’sが保有する求人は、全て20代・第二新卒の方を対象とした求人ですので、情報サイトには掲載されていない非公開求人やマイナビジョブ20’s独占求人を多数保有しているのが特徴です!

良質な求人情報と人材紹介会社ならではのプロのキャリアアドバイザーが、個別キャリアカウンセリングや面接対策で最適なお仕事を紹介してくれますので、若手の強みを活かした転職活動ができそうですね✨

マイナビジョブ20’sへの登録はこちら

30代以上におすすめ

JAC Recruitment(ジェイ エイ シー リクルートメント)

JAC Recruitment(ジェイ エイ シー リクルートメント)は管理職、専門職などの高年収層に特化した転職エージェントです。

これまでの経歴を最大限に生かし、納得した転職をしたい方におすすめの転職エージェントです。

保有する求人も大手優良企業が多く、JAC Recruitment自体も東証一部上場していますので安心して転職活動ができそうですね!

JAC Recruitmentへの登録はこちら

 

会社について調べたい時におすすめなサイト

転職サイトなどで気になる企業が見つかると、実際働いている人はどう感じているのか、仕事内容や働き方、給与形態などが気になってきますよね。

複数回転職していて私が感じたこととして、少しでもひっかかることがあれば、それは徹底的に調べておいたほうが後で後悔しない転職ができると思います。

転職エージェントを利用されている方は、キャリアアドバイザーの方にも不安に思う部分はすべて伝えましょう。

今は企業の評価サイトや、クチコミサイト、実際に働いている方のブログなどさまざまなサービスサイトがありますので是非チェックしてみてください😊

ミイダス

ミイダス:https://miidas.jp/

ミイダスは経歴や経験・スキル情報から自分の市場価値をデータ分析して、企業から直接オファーが届くサービスです。

「自分のビジネスマンとしてのスキル」や「パーソナリティ」を診断・分析することで、より自分にフィットしたオファーを受け取ることができます。

登録も簡単ですし、求人を検索しなくても企業から直接アプローチがきます。
7万人の転職データが公開されているので、自分と似た経歴の人がどこに転職したのかが分かりますし、今の自分は市場でどのくらいの年収なのか把握するのに便利です。

ミイダスで無料で使える3つのこと

・自分の現在の市場価値を見いだす
7万人の転職データから類似した経歴、スキルを持つユーザーへのオファー実績から先行条件にが合致した企業数も算出
・自分のコンピテンシーを見いだす
自分の強みやストレス要因、相性の良い上司や部下、ビジネスマンとしてのコンピテンシー(行動特性)を分析できます
・自分のパーソナリティを見いだす
自分の個性や心のコンディションを診断し、どうすれば仕事の場面で最大限力を発揮せきるか分析できます

日経バリューサーチの業界レポートは通常優良配信ですが、日経の情報力が集約された業界の最新記事をミイダスなら無料で読むことができます。

アプリもありますよ♪

 

転職はミイダス-価値を見いだすアプリ

転職はミイダス-価値を見いだすアプリ

MIIDAS CO., LTD.無料posted withアプリーチ

OpenWork

OpenWork:https://www.vorkers.com

転職活動時かかせないのが、クチコミサイトの「OpenWork」です。

書き込みも多いので、転職サイトと見比べて社風などに相違がないか確認するのにおすすめです。

毎月1,000(税抜)かかる有料サービスですが、OpenWork経由で転職サービスに登録する(無料1分~)か、会社評価レポートに回答(無料180日間)することでクチコミを閲覧することができます。

Wantedly

Wantedly:https://www.wantedly.com/

少し前まではIT系ベンチャーがメインでしたが、今は大手の企業もWantedlyに掲載されています。

とりあえず企業の人と話したい!というカジュアル面談ができるのがWantedlyの良い所だと思います。

Wantedlyは募集要項の中で、給料や福利厚生などの条件を書くことを禁止しています。

会社の想いや働く人の魅力で選んでもらいたいと思っている会社と転職活動を本格的にしている人だけでなく、なかなか転職市場には出てこないような層をつなぐサービスだからだそうです。

実際にここから転職活動をしなくても、実際に働いている人の想いを知りたいときに使うのもおすすめですよ✨

転職ってやることが多くてなかなか二の足を踏んでしまう方も多いと思いますし、私も転職するたびにそう思います。

ですが、今の環境から一歩ステップアップしたいと少しでも思っているなら、まずは転職サイトに登録して自分の現状を再確認するのも良い方法だと思います。

それで転職をやめるのもまた一つの正解です。

大切なのはこれから先のなりたい自分をちゃんと見つめ直すことなんだと、今回私もこの記事をまとめていて改めて気持ちを整理することができました😊👍

女性が20代30代の転職時に役立つ転職体験談をまとめました!(女性向けおすすめ転職サイト比較)

自分の適職とはどんなものなのかさらに深堀したい方はこちら

子供の進路の予習として科学的な適職を読んだら自分のキャリア選択の参考になった

 

 

仕事・ワーキングマザーカテゴリの最新記事