むくみと肝斑が気になり服用していたピルを辞めた感想(トランシーノII)

むくみと肝斑が気になり服用していたピルを辞めた感想(トランシーノII)

ピルの服用を辞めた理由

5年間服用していたピルを辞めました。
半年に一度は婦人科で血液検査もしていましたし前回の診察でも問題ありませんでしたが、デスクワークで長時間座っていると足のむくみが今までのむくんだ感覚ではないような感じがこのところ続いていました。
個人差があるのであくまでも私の場合ですが、よくあるふくらはぎのむくみではなく足首から足の甲にかけても張ったような感覚がありました。

また、30代後半に突入してから肝斑が急に気になりはじめました
今まで気にならなかった、そばかすのような薄いぼんやりしたシミがファンデーションの上からでもなんだか目立つ!?

調べて見ると肝斑の可能性が高く、肝斑はピルの服用で悪化する場合があると知りました。
私がピルを服用し始めた一番大きな理由の、子供のお風呂入れなどの世話も子供が成長してきたことで負担が軽くなってきたこともあり、足のはりや肝斑がこれ以上悪化したら大変なのでやめることにしました。

ピルを服用していた時のメリットなどの話は以前紹介しましたが、ピルの服用をやめてからもいくつかのメリットデメリットがでてきました。

ピルを辞めてからのメリットデメリット

メリット

長時間座っていた時に感じたいつもと違う足のむくみは見事になくなりました。
当然長時間すわっていればふくらはぎはむくんできますが、気になっていた足首から足の甲にかけての違和感もなくなりました!

デメリット

むくみの心配から解消されて嬉しい反面、ピルの服用をやめてからの生理ですが、、、
案の定相変わらず痛い😭

今までこの鈍痛から解放されていたので忘れていましたが、やっぱり痛いものは痛い!
久しぶりに薬を服用して痛みを緩和してやりすごしましたが、世の女性はこの痛みに毎月耐えていると思うと改めてすごい!!

そして少量ですんでいた生理時の出血も通常に戻りました。

またメンタル的にも浮き沈みが出てきました。
ピルを服用していてホルモンが一定だったからこそ分かる、この変化には本当に驚きます。
女性ってこんなにホルモンに左右されているんですね。

この状態が続くようなら、ピル以外の漢方なんかも考えようかと思うほど、久しぶりにきたホルモンの波に対応するだけでしんどい。

これで更年期がきたらどうなってしまうのか今からびくびくしています。

自宅でできる肝斑ケアを開始

トランシーノII

肝斑の方ですが、こちらは早期に対処せねばといろいろと治療を開始しています。

肝斑用のレーザー治療などもあるようですが、ダウンタイムがあり仕事や育児をしていると支障をきたします。
自宅でできることからと、しみ(肝斑)改善薬 トランシーノIIを服用することにしました。

こちらはピルとの併用ができません。
また、以下の方は服用できませんので、心配な方はかかりつけ医や薬剤師の方に確認してください😊

私は念のため、一月ほどピルを辞めた後に服用を開始しました。

・医師又は歯科医師の治療を受けている人
・妊婦又は妊娠していると思われる人
・授乳中の人
・55歳以上の人
・薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
・血栓症のある人(脳血栓、心筋梗塞、血栓性静脈炎、肺塞栓症等)
・血栓症を起こすおそれのある人(以前に血栓症にかかったことがある人、家族が血栓症を起こした人、医師から先天性の凝固異常症を指摘されたことがある人、経口避妊薬・ホルモン補充療法などの血栓症を起こすおそれのある薬を服用している人)など

ホワイトニングリペアクリーム

ついでにトランシーノ 薬用ホワイトニングリペアクリームを合わせて使い始めました。

ホームケアをはじめてちょうど一ヶ月経過してきましたが、最近顔のトーンが明るくなったような気がします。
さらにファンデーションの上からでも目についた肝斑も、うっすらしてきたような気がします。

ファンデーションの上からだとそこまで気にならなくなってきました。

写真は洗顔後すぐに撮りました!変化がわかりにくいですね、、、😂
ファンデーションをつけた後に細かい肝斑やシミが目立たなくなってきました。


本当は二ヶ月経過した後にまとめて報告記事を書こうと思っていたのですが、一ヶ月で思った以上に効果を実感してきたので我慢できずに書くことにしました🤣
このままもう一月頑張って二ヶ月後の経過報告ができればと思います!

服用二ヶ月経過した後の感想はこちら

 

美容・健康カテゴリの最新記事