プールと海、両方楽しめるホテル伊豆急

プールと海、両方楽しめるホテル伊豆急

初めてホテルにお泊まりした話

もう夏も終わりましたが、息子たちに海を見せたいと初めてホテルに泊まったホテル伊豆急についてご紹介します!
前回マホロバマインズでちらっと話しましたが本当に大変な旅行でした。。。


この時長男3歳、次男1歳になったばかりだったと思います。
この旅行当時3歳の長男をさすが3歳!
言葉が通じるだけでもさいこーー!!と思っていたくらいとにかく1歳の次男との旅行がはちゃめちゃでした。
基本我が家の旅行は車移動なのですが、たまに赤ちゃんや幼児さんと電車や新幹線で旅行するご家族をみると、心の中で敬礼をしながら見守ってしまいます
本当小さい子と一緒に移動するのって大変ですよね。。。
去年次男が3歳になっていたことで、私ひとりで長男と次男をつれて新幹線で実家まで帰省したのですがそれでもしんどかったです。
でも大変だったからこそ、忘れられない思い出になったりもしますよね!
我が家も今だにその夏の旅行の話になると夫婦でひと盛り上がりできます。
そしてこの旅行があったからこそ、毎年の旅行の度に子供達の成長を感じることができます。

ホテル伊豆急

ホテル伊豆急は静岡県伊東市にあります。
白浜海岸すぐ目の前に建つ海辺の温泉リゾートです。

ホテル伊豆急
〒415-8512 静岡県下田市白浜 2732-7
Tel : 0558-22-8111(代) Fax : 0558-23-1153
E-mail : y-izukyu@i-younet.ne.jp

サイトはこちら

ホテル伊豆急を選んだ理由

こちらを選んだ最大の理由はプールからすぐに海に行けるところです。
はじめての海。
長男でさえまだ3歳だったので長く海で遊べるとは思っていませんでした。
基本はプールで遊ぶつもりだったので、プールから海へすぐ出られて疲れてぐずり出したらすぐにホテルに戻れるところが魅力的でした。
プランとしては、私の実家へ帰省後帰りにホテル伊豆急に立ち寄り一泊して自宅に帰宅。
ホテルの夕飯は大広間でのバイキングでしたので、いろいろ相談してやめました。。。
料理も赤ちゃんや幼児の好みそうなものもないし、暴れる子供たちを相手にせっかくの豪華な料理もきっと食べた気がしないはず。。。
そんなの悔しすぎるので、どこかのファミリーレストランで済ませようということになりました。
結局当日はちょうど夕食時に子供達が寝てしまいコンビニで買った夕食となりましたが。。。
それでもホテルの部屋で各自食べるだけでも大変でした。。。
1人が次男を見ている間に長男に食べさせながら自分も食べる。。。苦行!!
ちょうど一歳になった頃なので、次男が中途半端に歩いたり高速はいはいができるのがいけなかった。。。
いっそもっと乳児さんのほうが楽だったかもしれませんね。

話はかわりますが、赤ちゃんと幼児の育児中コンビニのフードエリアって本当に助かりました。
見知ったファミリーレストランならまだしも、旅先だとなかなか赤ちゃんや幼児がいても食べられる場所ってかぎられます。
また見つけられても混んでいたりするとつまらなくなってぐずりだします。。。
それをあやしながら順番を永遠と待つより、コンビニのフードエリアでささっと買って食べちゃった方が楽なんです。。。
ということで、旅行中はよく外食する場所がない場合は利用させてもらってました。

ホテル伊豆急に行ってみての感想



ベットから落ちるおそれがあったので、部屋は和室を選びました。
結果和室で本当によかったです。
子供達はいつもとちがう環境に興奮しているので、部屋の探索がとまりません
ベットだったら絶対怪我してました。。。
あと見ている親も大変ですしね。。
和室でさえ灰皿や湯のみを触ろうとする次男を制止するのに苦労しました。

お風呂は貸切風呂を頼んでおきました。
貸切風呂についての詳細はこちら
2,000円(税別)50分
事前に頼んでおくと貸切のお風呂に入れます!
これも貸し切っておいてよかったと思いました。
長男をどちらかと一緒にお風呂にいれて、次男は部屋のお風呂に入れるでもよかったのですが、せっかく来たんだしみんなで広いお風呂に入る体験もさせたかったからです。
まぁ案の定ここでも大はしゃぎで大変でしたが。。。
さっきから大変ばかり多用していますが。。。うん、大変でしたw
でも長男は広い湯船に感動していて、貸切風呂にしてよかったです。
親としてもお互い子供をみていてもらえばささっと洗えますしね。

プールは幼児さん用の浅いプールもちゃんとあり楽しめました
プールからそのまま海に行けたのは実際やってみて本当によかったです。
次男は抱っこしなくちゃ行けないので、海まで近くて助かりました
長男は初めての海が怖くて、お父さんにしがみついてはなれませんでした。
海水を舐めて、しょっぱいことにびっくりしていた長男が可愛かったです。
指を海水に入れて何度も舐めていましたw
しばらく楽しんだ後、ホテルに戻り疲れた2人はお昼寝をたっぷりしてくれました。
ここで唯一ほっと一息つけました。

こちらの朝のバイキングは幼い息子たちの口に合うものもたくさんありました。
お料理の詳細はこちら
おかゆは長男が気に入ったようでおかわりしていました!
フルーツやヨーグルトやふわふわのパンがあり次男も大喜び。
この朝のバイキング夜もやってくれてるとありがたいくらいです。。。

そんな感じで大変ではありましたが、いつもは旅行といえば長男と同じ年の甥っ子もいるおかげで私の実家へ帰省するばかりだったので、子供達も相当楽しかったようです。
長男は次いつホテルにいくの?としばらく聞いてきました。
小さい頃の旅行は親は大変ですよね、でも子供達にとっては忘れられない思い出になったようで、行ってよかったです!
もう一度したいかといわれると。。。。遠慮しておきますーー😅

お出かけカテゴリの最新記事