京急油壺マリンパークのイルカ・アシカショーは一味違う面白さです!

京急油壺マリンパークのイルカ・アシカショーは一味違う面白さです!

夏休みに京急油壺マリンパークに行ってきました。

泊まったホテルから割引券をもらい、近くだったのでどうせだからと軽い気持ちで立ち寄ってみましたが、思った以上に子供達に好評だったのでまた是非行ってみたいと思います。
特にイルカ・アシカショーが劇をみているようでとっても楽しかったです。

京急油壺マリンパークはお子さん連れにぴったり

アクセス

公式サイトはこちら

駐車料金

乗用車
4/27(土)~5/6(月・振) 1,000円
7/13(土)~8/31(土)  1,000円(入園する場合) 、3,000円(入園せず駐車のみの場合)
下記を除く通年 800円
※駐車場のスペースには限りがありますので、お越しの際は公共交通機関をご利用ください。

入園料

大人(高校生以上) 1,700円
中学生 1,300円
小学生 850円
幼児(3歳以上) 450円
ペット(要手続き) 500円
詳しくはこちら

5才の次男も園内を歩いてまわれるほどの広さです。

入場してすぐ水族館に関係ない動物の乗り物で止まる次男。。。
長男も珍しく乗りたいらしく、せっかくなのでと乗らせてみました。
私の子供の頃は50円くらいだったので、100円くらいかなぁとよくよくみてみると200円😂

今更だめとはいえません、、、、ちゃんと料金よくみればよかったーー😱

サメをさわれるコーナーが!!
水槽にはサメがあついのかげんなりして(見えました😅)泳いでいました。
サメに触れるって結構、、、かなり珍しいですよね!
触ったのはネコザメです。子供達もザラザラしたサメの肌触りに大はしゃぎしていました。
ただしい触り方も書いてありましたので、サメを驚かせないように気をつけてくださいね!

ネコザメの後ろにはどでかいムカシオオホホジロザメの顎歯が!!
あまりのでかさにびっくりしました。
もちろんサメ好きの息子たちは大喜び😄

魚の国はノスタルジックな雰囲気の水族館!!

イルカ・アシカショーまで時間があったので、はじめに水族館(魚の国)をみてまわることにしました。
30の水槽を、「昔のままの姿で」「相模の海から」「姿や形を変えて」「海の遊歩道」といった4つのテーマに分けて展示しているそうです。
少し懐かしい雰囲気の水族館なので、親御さんたちは自分の小さな頃にタイムスリップしたように感じると思います。

サメはもちろん、相模湾の海に生息するさかなもたくさんいました!!

深海ザメのラブカは、歯の形状、口の位置、6対のエラの孔、溝状の側線などから最も原始的なサメであると考えられているそうです。
通常は1000mの深海に生息し、時として 100m付近まで浮上します。

美ら海水族館からきたサメもみることができました!!

油壺マリンパークのイルカ・アシカショーは劇をみているよう!!

イルカ・アシカショーの時間になってきたのでいよいよ会場へ!
室内のイルカ・アシカショーははじめてでした!!
ちょうど暑かったので涼しくてたすかりました😊

今回はワンピースとのコラボショーでした。
かわいいチョッパーの登場に次男は大喜びです!!
物語を通して出会うイルカとアシカのショーをチョッパーと一緒にみていきます。

ワンピースのビンクスの酒の歌に合わせてイルカも歌います!
とっても上手でびっくりしました✨
写真にはありませんが、アシカショーもとってもおもしろかったです。
思った以上に楽しいショーで大満足でした!!

屋上ではマリンパークからの海が一望できます

屋上からはマリンパークからの海が見渡せます。
マリンパークの駐車場にとめて近くで海水浴を楽しんでいる方もいらっしゃいました。
岩場が適度にあるので、海の生き物なども見れるのかなぁと思いました。
子供達ももぐったりできるようになってきたので、次回はこちらの海で海水浴ができたらねと話していました。

ペンギン島にはかわいいキタイワトビペンギン

ペンギン島には可愛いキタイワトビペンギンを見ることができました。

回遊水槽はとっても綺麗

最後にもう一度魚の国で回遊水槽をみてまわりました。
椅子で休憩しながらみることできるので、疲れてきた大人には大変たすかりました😊

コラボしているワンピースのルフィといっしょに写真がとれる展示も!!

個人的に大好きなクラゲもいてとっても綺麗でした!!

途中かき氷を食べる売店などの種類も豊富でしたし、休憩する場所もたくさんありましたので小さなお子さんずれにぴったりののんびりとした雰囲気の水族館でした!!
お近くにお越しの方は是非行ってみてください😄

お出かけカテゴリの最新記事