妊娠中起こった仕事中の体調の変化と産休までにやっておくとよいこと

妊娠中起こった仕事中の体調の変化と産休までにやっておくとよいこと

以前妊娠中の電車通勤に関して書いた記事が思った以上に読んでいただけたので、今回は妊娠して起こった仕事中の体調の変化と産休までにやっておくとよかったなぁと今振り返って思ったことをまとめました。
私なりにではありますが、どうやって妊娠中仕事をしながら辛い症状を和らげていたのかなどもまとめられたらと思います。

私は妊娠中前期と後期で症状がかなり変わりましたが、これも十人十色ですね。
人によって症状もさまざまなので、あくまでも私が経験した2回の妊娠中に仕事をしていての感想となります。
なんにせよ一番は無理をしないことですね!
それでも仕事でどうしても今頑張らねばということもあると思います。
少しでも自分がストレスなく仕事を続けられるように、感謝の気持ちを大切にしながら使えるものは人も物もどんどん使いましょう!!

妊娠初期の仕事中の体調の変化

私は第一子も第二子も妊娠時の症状はほとんど同じでした。
やはり第二子の時の方が仕事の他に子育てがあったので体力的には大変でした。
でも、その分上の子の保育園でのその日の出来事をお風呂の中で聞いたり、子供の日々の成長を見ながらの妊娠でしたので、過度にお腹の赤ちゃんばかりに気持ちが向かず、精神的にはリラックス出来ていたように思います。
初めての妊娠である第一子の時は、次々起こる身体の変化にとまどいながらこれから起こる出産・育児などについていろいろと考えてしまい精神的にはこちらの方が大変でした。
妊娠初期の代表的な症状といえばつわりですね。
つわりの時期は第二子の時の方が実感としては軽かったように思います。
つわりを感じる余裕もないほど忙しかったというのが正しいのかもしれませんが、、、
それでも子供を保育園に送り電車に座った途端、つわりの症状がじわじわ襲ってきて気持ち悪くなっていました。
その頃は最寄駅始発の電車で出勤させてもらえていたので、毎朝座って通勤できたので助かりました。
できる方は是非会社に相談してみてください。
電車に座って通勤できるだけで、ストレスがかなり軽くなると思います。
お昼もうめのおにぎりやお蕎麦ばかり食べていました。
キシリトールのガムを食べて口をすっきりさせると気持ち悪さも少し和らぎました。
でもあまり食べるぎるとお腹がゆるくなってしまうので気をつけてくださいね!
あとは無印のエッセンシャルオイルの温州みかんのにおいがリラックス出来たので、ハンカチにしみこませて気持ち悪くなるとにおいをかいで落ち着かせていました。
これはすごく助かったアイテムです😄
仕事中なので当たり前ですが、気持ち悪くても横になって目を閉じることもできないのが本当に辛かったです。
ここから何度も書くかもしれませんが、とにかく横になれない、目を閉じれない、眠れないのが仕事をしていて一番辛かったです。

家電製品を整えよう

子供が生まれたらこちらは乳児の育児にかかりっきりになります。
今のうちに上手に家電を使って家事の負担を軽くしておきましょう!
妊娠後期になってくると身体が重たくて家電量販店を歩き回るのが厳しくなってくるので、つわりの症状が軽い場合は家電製品を準備しておき夫にどんどん使いこなしてもらいましょう。
食器乾燥機、ルンバ、乾燥機は必須です!!

そのほかに私が買って良かった家電
・ブラーバ
・ハンガーにかけたままできるアイロン
・すぐ乾くドライヤー

食材宅配サービスを使おう

つわりだと特に食べ物のにおいがつらいですよね。
そうかと思えば、突然ジャンクフードやマクドナルドのポテトが無性に食べたくなったりもしました。
毎週使うものは生協の宅配パルシステムらでぃっしゅぼーやなど食材宅配サービスに頼むのもおすすめです。
今は夕飯キットなどもあって、具材がある程度調理された状態で送られたきてあとはお鍋に入れるだけ、
フライパンで焼くだけなんて便利なサービスもあるのでためらわず使いましょう!
あとはクックドゥやチュープをつかってささっと料理ができる時短料理のレシピを広げておくと便利です!

妊娠中期の仕事中の体調の変化

私はこの頃になるとつわりが和らいできました。
相変わらずげっぷが出そうで出なくて気持ち悪かったりはしていましたが、食欲も戻ってきていました。
ただ相変わらずすごく眠い!!
どれだけ早く夜眠りについても日中眠くてしかたがありませんでした、、、😭
横になって昼寝がしたい!そんなことばかり考えていましたが仕事はしなければなりません。
この頃私は大きめのプロジェクトを任されていたので、仕事は忙しいのに眠気がひどくなかなか作業に集中できませんでした。
妊娠中のこの眠気の主な原因はプロゲステロンが増加する為だそうです。
通常の月経(生理)周期の高温相にも増加するものらしいですが、妊娠中はずっと妊娠維持の為に分泌量が増加した状態のままになります。
主な症状としてだるさ、頭痛、吐き気、ほてり、むくみ、便秘、肌荒れ、ニキビ、乳房痛、イライラ、憂鬱、無気力などがあります。
私は眠くて仕方がない時は、冷たい飲み物をのんだり、冷たい空気に当たる為にトイレに行ったり、ガムを噛んだり、眠気に効くというツボを押したりしてなんとかしのぎました。
by-sさんでわかりやすく紹介されていました!
私もこの中衝(ちゅうしょう)をよく押して眠気を和らげていました!!
「鍼灸師おすすめ「手のツボ」を仕事中に、6秒。“ツボで不調を整える”東洋医学の考え方って?」

出産後に必要な施設の確認

妊娠後期になるといよいよ赤ちゃんの用意や出産時の準備などで忙しくなりますので、余裕のあるうちに出産後の各施設や病院のチェックをしておくと後で慌てずにすみますよ。
私は第一子の時産後寝不足の中、大慌てでいろいろな病院、施設を探さなければならず大変でした😭

・家の周りの認証保育園のチェック
・病児保育のチェック
・小児科や保健センターのチェック

行きたい場所に行っておく、会いたい人に会っておく

妊娠後期はいつ産気づくかわかりません。そもそもお腹が大きくてあまり遠くまで外出できなくなります。
今のうちに行きたい場所や会いたい人に会っておきましょう。
また、上の子がいる方は今のうちに上の子が行きたい場所に連れて行ってあげるのもいいですね!!

妊娠後期の仕事中の体調の変化

妊娠後期になると、私はつわりや眠気は随分落ち着いてきました。
しかし順調にお腹を中心に全体に身体が重くなってきます。
この頃から貧血が出始めてきました
第二子の頃はこの貧血の症状がさらに重くなったので、病院で鉄剤をもらい飲んでいました。
とにかく急激にお腹がおおきくなってくるので駅の階段を少し登るだけでも息切れしていました。
産休寸前になると大きいお腹で足元がみえません。みなさんも階段には気をつけてください。
プルーンFe 1日分の鉄分 のむヨーグルトはこの頃からいまでもほぼ毎日飲んでいます!

体調は妊娠中のなかでは比較的安定していましたが、お腹が常にすいていたので、会社の引き出しには常に菓子パンやお菓子を入れていました。
あまり体重が増えすぎてはいけませんが、働いて身体を比較的よく動かしているいるせいか体重の増減で病院に注意をうけることもなく、この頃は思う存分好きなものを食べていました。

骨盤ベルトをつける

第一子の時妊娠後期になった途端恥骨痛になり、歩くたびに痛い思いをしたので早めに骨盤ベルトをしていました。
おかげで第二子のころは恥骨痛にならずにすみました。
妊娠後期まで会社まで通勤する予定のある方は、はやめに骨盤ベルトをつけると安心ですよ!
わたしはトコちゃんベルトをつけていましたが、今は他にもよいものがあるんですかね😊

産前産後、育休時の各自給付の確認

会社からも説明があると思いますが、改めて自分がどんな給付を受けられるのか確認しておくと安心ですね。
妊娠時も仕事を辞めずに頑張ったご褒美がこの産前産後、育児給付金だと(勝手に)思っています。
辞めなくて本当に良かったとこの時本当に思いました。😭

産後赤ちゃんに必要だったものの記事はこちら!ご参考くださいませ!!

そんなこんなであまりうまくまとめられませんでしたが、、、
妊娠しながら産休に入るまで仕事を続けるって正直つらいことの連続です。
それでも頑張れば産前産後休暇・育児休暇をもらいながら給付金がでますし、保育園もポイント満点で応募ができます。
仕事を辞めないで良かった点として、仕事の対価としてもらえる給与の魅力もありますが自分も思った以上に良かったと思う点として、母や妻以外の自分を評価してもらえる場所があるというのは精神的にも私に自信をもたせてくれました。
また、最近上の子は仕事をしている私が自慢なようでかっこいいといってくれたりします。
子供に褒められるってすごくうれしいです。

最近は職場や仕事関係でも、自分自身の人生も楽しんでいる素敵な先輩ママに出会えるのでまたさらに元気がもらえます。
ですが、今妊娠しながら働いている方はくれぐれも無理をしすぎませんように。
本当に辛い時は休むのが一番です!
これを見て少しでもストレスを軽減する方法が見つかれば幸いです✨

仕事・ワーキングマザーカテゴリの最新記事