保育園にわざと落ちるを考える

保育園にわざと落ちるを考える

HNKで取り上げられていたのをみていての感想

最近NHKやネットニュースでも「保育園にわざと落ちる」が、取り上げられていて子育て世代を中心に話題になっていますね。
我が家でも家族と話したりしていました。

保育園にわざと落ちるとは

認可保育園に落選するために入れそうもない人気園を1園だけ希望する「不承諾通知狙い」の入園申請があることが今話題になっています。
待機児童問題が深刻化する一方で、この動きは何年も前からひそかに広がっていたようです。
これは私全然知りませんでした。。。
私が育休中の頃は最長1年半までだったのでそもそもこの不承認通知に重要性がそこまでありませんでした。ですが育休が2年まで延長となった今、一年半をすぎた時さらに育休を延長するにはこの不承認通知が必須となっているそうです。

はじめ私は必死で保育園に応募していた側でしたのでけしからん!!という感想のみでした。
その枠が喉から手が出るほど欲しい方の気持ちが痛いほど分かるからです。
認可保育園に落ちた時のために何園も認証保育園にいって予約していた頃を思い出しました。

私は長男を1年3ヶ月で認証保育園に預け復帰し、次男は9ヶ月で認可保育園に預け職場復帰しています。
復帰前の両立できるのか不安な気持ちも痛いほどわかります。
私の子供たちは認可保育園は同じですがそれぞれ預ける場所が少し離れていたので長男と次男の保育園期間が重なる3年間は二箇所別々の場所に電動自転車で送迎しました。
雨の日もカッパを着ての送迎です。
子供たちはチャイルドカバーに入れますが荷物を入れる場所がないため保育園の荷物は雨の日はひとつひとつエコバックなどに入れなければなりません。

また、雪の日は近くのコインパーキングに車を停め歩いて送迎しました。
二人を送迎するだけで初めの頃は30分はかかっていました。
こういった環境なのは都会で働いているので覚悟していましたが実際問題やってみるとなかなか大変です。
出社する前にすでに疲れ果てていました。

NHKでとりあげられていた方にも同じ状況の方がいましたね。
その方はさらに夫が単身赴任だったと思います。
考えるだけで吐き気がするほどの状況です。。。
環境も状況も皆さまざまです。

今回わざと落ちるようにしたママとして紹介されていたのは、復帰後フルタイムで戻って欲しいと会社から圧力をかけられている方と先ほど話にでた二人目復職時に夫が単身赴任でしかも兄弟別の保育園になってしまった方の話だったと思います。
きっと両方の親も遠く協力できる環境ではないのかなと思います。
自分でなんとかしなければならないけどどちらも復帰して長く働くには厳しい状況です。

しかし疑問も持ちます。
前者のフルタイムで復帰して欲しいと言われている方は産休前にちゃんと会社と話し合えていたのでしょうか。
3歳以下の子供を育児中の場合時短勤務は権利として保証されています。
会社と話し合う余地はあったと思います。
後者の方は夫と夫の会社とちゃんと話し合えていたのでしょうか。

要は保育園に申し込む前にわかっていたこの状況をなんとかしようと相談できていたのかということです。
これは社会人として問題が起こった時にいち早くその問題を共有、相談するという部分がかけているような気がしました
きっと両者ともこのまま育児休暇をぎりぎりまで延長して退社するしかないような気がします。

その延長する中でどうしても不承諾通知が必要なのですよね。
そのあたりでTwitterでも批判的な意見が多く見受けられました。
当然だと思います。
同じ状況だったら自分は同じように保育園にわざと落ちるよう人気園のみに希望を出すやり方をするかと問われると私はしません。
これは断言できます。

本当に復帰したいと思っている方はそういう環境になる前にさまざまな対策をとります。
そのあたりの本気さがあったのかもしれませんが私には伝わってきませんでした。
本気で復帰する気持ちのある方はなにがなんでも復帰してきます。
本気度が違います。

家族と話し合いありとあらゆるサービスを調べ対策をとってくるからです。
そういう本気で復帰したい方側からすると今回の話は環境を理由にこのわざと落ちるように人気園のみ申し込みをする行為が甘えに感じてしまうんだと思いますし実際私も思いました。

私なりに考えた解決策

でもそういった方が一定層いるのが現実です。
復帰に向けて徹底的に調べ上げ頑張れる方ばかりではない。
復帰後の生活に不安を感じ、産休前は頑張れると思っていたものの育児中に両立できるか不安になってもうこのまま育休を延長して退社しちゃおうかなと挫折してしまう方が結構いるのではと思います。

ここをクリアしないと少子化はますます進む一方なのかなと感じます。
育児休暇中保育園の待機児童問題でちゃんと復帰できるのか不安な日々をすごした私は気持ちがよく分かります。
育児をこころから楽しめないかなしさ。つらさ。
これを経験すると二人目を考えられなくなる方もいると思います。
育休中にこころから楽しく子育てしながら二人目にも希望がもてるにはどうしたらよいのか。。。。
すぐに保育園は増設できないし保育士さんにも限りがあります。。。

もうさ、、、3年育児休暇とれるようにすればいいんじゃないのかな。。。
給付金は1年半までとかにして。
本気で復帰したい人は1年で復帰するし環境とか不安要素のある人は延長できちぇばいいのに、その間にいっそ二人目とかもありだと思います。
延長できちゃえばわざわざ不承諾通知の為に入れるつもりがない保育園の申し込をする必要がなくなります。

ただ社会保険をその間どうするかはまた考えなければいけないかもしれませんね。
育児休暇が1年半経過した後自分の都合で延長するのであれば自己負担にするべきだしそうすることで不公平感もうすれるのではと思いますが、、、
できることなら社会保険だけは免除してあげるとさらに子供を産む気持ちになりそうな方が増える気もします。今現在会社員の夫のいる専業主婦の方は3号で免除されているわけだし。。。
少子化なんだしそのくらいしないと子供産もうと思わないと思うんですよね。。。
会社には国がその負担分サポートするなりなんなりその辺は必要になってきますが。

私も大変な思いしたんだからあなたもするべし!じゃ解決しない。
復帰するまでの期間が開けば開くほど復職した時の大変さはあると思います。
IT系だったからなおさらではありますが私は1年半ですら仕事の勘やスキルをもどすのに大変苦労しました。
あまりにできない自分がふがいなく帰宅時の電車で涙したこともあります。
そこは自分で選んだんだからしょうがない、頑張るしかありません。
ただ子供を産む環境としてこの待機児童が解決しないんだったら2年といわず3年でもういいんじゃないかな。
それだと延長保育のある幼稚園というてもでてきますしね。
今より希望も持てるような気がします。

結局会社に長く働けているママって夫なり親なりの協力者がいる方が大半なんですよ。
で、その協力者がいないママが特に都会には多く存在する。
その方たちが子供を産む希望をもち、さらに二人目を考えられるようにするにはとりあえず3年育休とれるようにするしか私には思いつきませんでした。。。。

まぁ、この時短勤務が義務として法律で認められているのが3歳までなので、いくら各自治体が保育園在園中の時短勤務継続を許可しても会社側の制度が3歳までだとそれ以降はフルタイムにもどらなくてはいけません。。
私もフルタイムで続けることが困難になり一旦会社を辞め、短時間勤務の派遣社員を今はしています。
小学生になったらなったで放課後や夏休みなど長期休暇の時の子供の預け先にも苦労しますしね。
結局子供を育てながら働くってまだまだ問題山積みなんですよね。
もっともっと3歳以降の子育て中の時短勤務を認めてくれる会社が増えるといいなぁ。。。

乳児〜幼児カテゴリの最新記事