「小学生ポピー」のここがよい!

「小学生ポピー」のここがよい!

ぴったりくる家庭学習教材って子供のタイプ、親の希望学習レベルなどで違いますよね。
今回は我が家がなぜ小学ポピーにしたかをお話しします。
タイプが似ているなぁと感じた方は是非お試しください!

我が家の状況

・親が共働きで沢山の教材を管理できない
・子供はタブレットやDSゲーム好き
自主学習をするくせをつけたい
・まずは学校の勉強をしっかり身につけさせたい

まず共働きなので毎月たくさんの付録や教材の管理は無理です。
付録の教材で一緒に実験とかいう時間がそもそもとれない。。。
正直ものすごく頑張ればできなくもないかもですがうちは下の子もいます。
長男だけにつきっきりというわけにはいきません。
平等に時間をとってあげたいのでシンプルなドリルなどの管理だけにしたいと思っていました。
また、まずは家庭学習を自主的にするくせをつけ学校の勉強の予習復習を徹底させたい。
それ以上のレベルはひとまず望んでいません。
親の仕事の都合で学童にも通っており、その中で習い事もいくつかしているので比較的忙しくさせてしまっています。
これ以上子供の負担を重くさせることもしたくないと思っています。
できれば学校で習っている教科書にそった教材で授業で習ったことの予習、復習をさせたいと思っていました。

また、今はタブレット型の教材も人気ですよね。
勉強した履歴を後で確認できたりと働く親にとって管理しやすい機能がいろいろと付いています。
ゲーム感覚で勉強がすすめられて本来ならゲーム好きの長男にぴったりだと思いました。
しかしこれだと本当に勉強もタブレット、ゲームもDSやタブレットで一日中タブレット生活。。。
学校の勉強同様鉛筆で書くくせ、プリントや模擬テストをやるくせをつけさせたかった為断念しました。
勉強をするくせがつき学校の勉強の流れも掴んだ後ならタブレットありかなと思いました。
正直ポピーは親が丸つけをするため働きながらだと少し大変ではあります。
ただ余分な教材はなく決まったドリルを少しずつやるだけなので丸つけもそこまで大変ではありません。
子供の間違えたところが一緒に確認でき、できるようになった成長も共に感じられます。
小学校低学年なら親がわかる勉強のレベルなのでつまずきがないか一緒に確認できるのはこちらの安心にもなります。

実際はじめてみてよかったこと

我が家はホワイドボードに帰宅後やることを箇条書きで書き自主的にさせるようにしました。
すべて終わったら親が確認します。
それまで親は家事と下の子の相手に専念できます。
長男は学童で学校の勉強は終わらせてきます。(音読以外)

・帰宅後明日の準備
・その日の小学ポピー
(やりきりドリル半ページ、国語か算数のドリル1ページ、疲れていたらやりきりドリル半ページのみ)
・音読(私も一緒に)
・明日の準備の最終確認とドリルの丸つけ

これが慣れてくると無理なくすすめられるようになってきました。
長男が自主的に今日のタスクをこなせるようになってきたのが大きな収穫だと思います。
小学ポピーのドリルが学校で勉強している内容と同じな為抵抗なく進められています。
ここがポピーにしてよかったところです!
今流行りの勉強法ではありませんが、まずは土台が大事だと個人的におもってますので基本の学習方法がこなせれば後はいつかタブレット学習になっても何になっても大丈夫だと思っています。
また、共働きで下の子もいますが今の所無理なく続けられていますよ!

▼学校の授業に合わせた月刊教材ポピーはこちら

(自分で今日やる分のドリルに取り組んでいます!写真に照れて中断。。。)

習い事・勉強・学童カテゴリの最新記事