朝ドラにママさんヒロインが採用される時代がきた!!「まんぷく」

朝ドラにママさんヒロインが採用される時代がきた!!「まんぷく」

「半分青い」をみての感想

我が家はNHKの朝ドラを毎日楽しみにしています。
前回の朝ドラ「半分青い」は舞台が私の出身地岐阜県だったのですごく楽しみにしていました。
キャストの方々がとても魅力的で漫画家として頑張っている頃までは楽しくみていましたが、、、、
最後はなんだかとっちらかってしまった印象ーー
でも佐藤健くんが演じる律くんがカッコ良すぎだし魅力的だし、主人公のすずめちゃんが可愛くって演技も上手でなんとか最後までみることができました!
しかしストーリーって大事ですよねーーー
特に私が違和感を感じたのがゆうこちゃんがしょっちゅう子供のくうちゃんを預けてすずめちゃんの所にきていたあたり。。。
おやおや?まぁ、ドラマだししょーがないか。。。
多少違和感を感じていたもののきにしないようにしていました。が。。。
今度はすずめちゃんの娘かんなちゃんがしょっちゅう誰かしらに預けられていたり、、、、
シングルマザーのはずなのに身軽にひとり地元に帰ったり、、、、まったく共感できませんでした。
そんなに簡単に子供あずけられるわけないじゃーん!!
子育て軽く考えすぎ。。。
ツッコミ所満載でしたね。。。。

まんぷくのあらすじ

さて、今回の「まんぷく」の主人公安藤さくらさんはなんといっても朝ドラ初のママさんヒロインです。
朝ドラ『まんぷく』は、インスタントラーメンを生み出した実業家の安藤百福と、その妻・仁子の反省をモデルにした作品です。
大阪を舞台に、戦前から高度経済成長期を懸命に生き抜く夫婦のサクセスストーリーなんだそう。
初回から明るくてさくらさん演じる仁子さんの天真爛漫な雰囲気が、朝にぴったりでとってもよかったです。
笑いあり、涙あり、ほっこりあたたまりそうな朝ドラ王道のお話になる気がして今からワクワクしています!!

安藤さくらさんがヒロインを引き受けた背景

先ほども言いましたが今回のヒロイン安藤さくらさんは2017年に第一子を出産しています。
出産したばかりということで、この話をいただいた当時受けるかどうかまよっていたそうです。
そんなさくらさんが出演を決意したのは、夫で俳優の柄本佑をはじめ、両親の奥田瑛二と安藤和津、義父の柄本明と角替和枝らの言葉だったと言います。
特に父・奥田瑛二からは「これは挑戦じゃないな、冒険だな。挑戦は途中でリタイアできるけど、冒険は止めることができないから」と背中を押されたとのこと。
みんなさくらさんの実力を信じていたからこそ背中を押したんだと思います。
家族中が応援してくれたことが大きかったように思います。
子育てしながらなにかに挑戦するってやっぱり周りの応援やサポートは欠かせませんよね。
出産したばかりなんだから、子育てに専念するべきだと誰も言わなかったのがすごいですよね!
また、お子さんと一緒に大阪での撮影に挑むさくらさんを不安にさせないよう、スタッフの方々もみんなで育てましょう!と言ってくれたとのこと。
これはさくらさんはもちろん、お子さんにとってもまさしくスペシャルな時間になるのではと思います。
こうやって仕事場に子供を連れて行くって普通の会社員の場合はなかなか難しいのが現状です。
でもはじめから無理と決め付けず、まずはやってみるって大切なんじゃないかなぁと思いました。
これには少しですが過去思い当たることがありました。
私は仕事柄自宅で子供をみながら作業したりすることがあります。
以前の会社ではキッズスペースにあり、程度大きくなったお子さんなら親の仕事が終わるまでまっていることができました。
子供を知るとその子が熱をだして会社を休んだりしても、まったく知らない子より親近感わきますよね。
そうやって仕事と子育てとを切り離すのではなく、うまく調整しながらつきあっていく時代になってきているような気がします。

さくらさんは将来お子さんに朝ドラをみせた時、あなたもこの撮影の現場に一緒にいっていたんだよ。
なんて話すんでしょうか。
ママなんだから朝ドラヒロインなんて。。。
そういう固定概念って朝ドラヒロイン以外にもたくさんあると思います。
そういう固定概念を私は子供には持って欲しくないなぁと思いました。
さくらさんのお子さんはママの背中をみていれば自然とそんな固定概念にとらわれないたくましいお子さんになりそうですね!
私ももうお母さんだから。。。もう若くないんだから。。。
いろいろ諦めてきたことがたくさんあります。
諦めるまでいかなくても、選択肢からはずしてきたようなきがします。
さくらさんとは立場が違うので同じようにはいきませんが、せめて常に小さなことでもチャレンジする心を持っていたいと思いました。
そうやって生き生きしているお母さんの背中を子供達にはみせていきたいなぁ。

「まんぷく」のおかげでこれから朝が楽しくなりそうです!!

雑談カテゴリの最新記事